離婚の慰謝料請求についての知識が役に立つ
ロゴ

慰謝料に関する基礎知識!離婚で弁護士を利用した場合の比較も確認

離婚の慰謝料請求についての知識が役に立つ

夫婦

原因によって請求できる

離婚の原因は様々ですが、精神的苦痛を伴う場合には相手に慰謝料を請求することができます。例えば、精神的苦痛を与える原因については不貞行為やDVなどが挙げられるでしょう。まずは、原因が何かをはっきりさせる必要があります。

請求側の苦痛の大きさ

一般的に慰謝料の額は、請求する側の苦痛の大きさによって変わってくるでしょう。基本的に不倫やDVなどが原因の場合は、慰謝料を請求する側の苦痛も大きくなるのです。また、離婚の原因となった相手の反省具合も考慮されるでしょう。

平均的な金額

慰謝料の平均的な金額は、190万円程と言われています。これは、離婚調停ではなく裁判で認められた平均額です。基本的に慰謝料は400万円以下になることが多いでしょう。慰謝料を請求する時の参考となります。

説得力のある主張

慰謝料を請求する場合に関しては、誰が見ても明らかな事実や証拠などを挙げる必要があるでしょう。具体的かつ客観的な証拠が重要になってくるのです。弁護士を利用することで、主張に説得性をもたせることができるようになるでしょう。

離婚調停の比較

弁護士を使う場合

一般的に離婚調停は弁護士を使わなくても、個人で対応することができると言われています。しかし、弁護士を使った方が、効果的なサポートを得ることができるでしょう。

弁護士を使わない場合

弁護士を使わなくても離婚調停をすることは可能です。費用も抑えることができるでしょう。ですが、専門の知識などが必要なため、弁護士を利用する時と比べると手間がかかります。

広告募集中